遺品の御供養

funeral service

専門的な仕事を手がけるプロ

亡くなった人の持ち物を整理する遺品整理。遺族の仕事を肩代わりして請け負う遺品整理の業者は、名古屋をはじめ全国各地にありますが、彼らの仕事は単なる片付けだけではありません。彼らはプロとして、普通の人々が行うことが出来ないことについても、しっかりと手がけてくれるのです。
たとえば、一人暮らしをしていた家族の一員が亡くなったとしましょう。名古屋だけではなく、最近は社会問題になりつつあることですが、特に一人暮らしのお年寄りにそういうことが多いようです。誰にも気付かれず、看取られずに亡くなってしまい、一人暮らしの部屋に物だけが(つまり遺品だけが)残ってしまうという状況。
死後、時間が経って発見されたような場合、部屋は特殊な状況に置かれることになるし、その中に慣れていない人が入ったり、その空気の中で過ごしたり、その中で物を整理したりというのはなかなか大変です。
そんなとき、遺品整理業者によって行われる遺品整理の作業は、単に肩代わりではなく専門的な仕事となります。普通の人が出来ないことを、その道のプロに依頼するという形がそこにあるのです。

すべてをクリーンにする作業

名古屋の遺品整理のプロたちによる専門的な仕事は、遺品を整理した上で消毒し、消臭してすべてをクリーンな状態にすることにあります。
部屋を、誰もが過ごせる環境に戻し、あるいは近づけることこそ、彼らの仕事なのです。遺品を大切な形見としてずっと持っていられるように、あるいはリサイクルしてまた使えるように、業者は精魂を傾けてあらゆる痕跡を消してくれます。
そして、その上で、お祓いによって遺品や部屋の御供養を行うという遺品整理業者も、名古屋にはあります。
もちろんスピリチュアルな領域に属することではありますが、それは残された人々の心を安んじるための作業でもあります。亡くなった人の心をきちんと静め、穏やかな状態ですべてをリセットすることが出来るよう促すこと。それが御供養の目的です。残された人々が新たなスタートをきることが出来るようになるためにも、欠かせない作業であるといえるでしょう。